<< バナジウムウォーターサーバー | main | バナジウム水とは >>

スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


           

スポンサードリンク

バナジウムの効能

バナジウムの効能について初めて報告がなされたのは、1987年のアメリカでのことです。それは、バナジウムの化合物にインスリン効果があるという研究報告でした。インスリンとは、すい臓で分泌されるホルモンの一種で、ブドウ糖を体の細胞がエネルギーとして利用したり、脂肪やグリコーゲンにして蓄えるために重要な働きをすることで、血液中の血糖値を下げる働きをします。バナジウムは、つまり、インスリンとおなじく血糖値を下げる働きがあるというものです。バナジウムは、体内でインスリンのように血糖値を下げる働きをすることで糖尿病治療に有効と考えられるんです。



バナジウムは、その後の研究の結果、血糖値のほかに尿酸値の降下作用が確認されただけでなく、中性脂肪やコレステロール値の減少効果を認められています。そのほかに、体内から有害な毒素や老廃物を排出する働きもあり、長期間定期的に飲用することにより、健康増進、体力維持に高い効果を発揮することが知られるようになりました。



つまり、バナジウムは血糖値を下げることで糖尿病の予防及び治療に効果があり、コレステロール値・血圧・尿酸値・中性脂肪を低下させることによって高血圧・痛風等にも効果が期待されているんです。そして有害な毒素や老廃物を排出する働きにより便秘にも効果的なんです。さらに脂質の増加を防ぐ働きもあるとされています。バナジウムは別名「糖尿病代替医療天然資源」とも呼ばれているそうですが、メタボ対策としてもとても有効な働きをすると考えられるんです。



バナジウムの効能としては、他に、骨や歯の成長を助けたり、亜鉛と共に細胞の再生に関わったり、鉄代謝と造血に関与するなどが知られていますが、バナジウムのようなミネラルは他のミネラルやビタミンなどと共に摂ることでそのはたらきが促進されることがあるのでまだ解明されていないものもあるかもしれません。



例えば、カルシウムだけを摂取するよりもマグネシウムやリンとともに摂取したほうが吸収率が格段によいことが知られています。同様に、糖尿病の治療にはバナジウムを1日数十ミリグラム摂取する必要があるとされていますが、それよりはるかに少ない量で効果が認められた例があるようです。それには他のミネラルやビタミンが関与している可能性があるんではないでしょうか。

バナジウム水 最新一覧 By 楽天

バナジウム サプリ 最新一覧 By 楽天





































































           

スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

           
sponsored links
selected entries
categories
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM