スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


           

スポンサードリンク

バナジウム水の効能

バナジウムは金属元素で、ミネラルの一種です。1987年シェバ・メディカルセンターのJ・メイェロビッチらによってバナジウムが血糖値を下げる効果があるとする報告がなされると、世界中で研究が始まりました。その研究は、主に純粋なバナジウム化合物を使って行われてきました。そして、糖尿病を治療目的に使用する場合は、一日数十ミリグラムのバナジウムの投与が必要とされてきました。



それに対して、中村学園大学のグループが、健康な若い女性20人に行った実験では、天然のバナジウム水を飲んだほうが、バナジウムを含まない水を飲む場合に比べ、血中インスリン値を4分の3に抑える効果を得ることが出来たとしています。その際のバナジウムの量は、1日あたりわずか80μg(0.08mg)であったとしています。



また、アサヒ飲料株式会社(本社東京、社長荻田伍)が、アサヒビール株式会社(本社東京、社長池田弘一)および日本薬科大学(医療薬学科 渡辺 泰雄教授)、東京医科大学(解剖学第二 白間 一彦教授、動物実験センター 川本 英一センター長 他)と共同で行った研究では、1Lあたり62μgのバナジウムを含む天然のバナジウム水を、糖尿病モデル動物に3ヶ月間(人間では7〜8年間に相当)飲み水として与えた実験を行いました。



その結果から、天然のバナジウム水が、動物試験レベルにおいて、インスリン受容体の活性低下を防ぎ、筋肉や膵臓の糖代謝システムを活性化することによって、全身における糖の利用効率や脂質代謝効率を上げることで、糖尿改善効果を得る可能性があるとされています。



また、別の東京医科大学等の研究では、バナジウム水は、肝臓におけるインスリン受容体成分を増加させることで糖の利用効率を改善する事実が明らかにされています。



これらのことから、天然のバナジウム水の場合には、純粋なバナジウム化合物では得られない作用があると考えられます。それは、天然水でのバナジウムの存在形態、例えば、五酸化バナジウムなどにあるという説などが唱えられてもいるようですが、いまだ、解明されたとはいえないようです。



しかしながら、天然のバナジウム水は、純粋なバナジウム化合物では、考えられないほどの極微量のバナジウムの量で糖代謝に効果を発揮すると考えてよさそうです。水分補給に積極的にバナジウム水を利用するのは糖尿病で悩んでいる人にとっては選択の一つと言えるんではないでしょうか。

バナジウム水 最新一覧 By 楽天




































































           
sponsored links
selected entries
categories
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM